養育費を支払わない元夫を探す3つの方法|人探し新潟探偵

相談ガイド

母子家庭の7割が直面する「元夫が養育費を払わない」深刻な問題。

離婚した相手との未払い問題でコンタクトをとる必要があり、電話やメールを送っているのにすべて無視されている、または、離婚した相手の現住所がわからないといった場合、次第に生活が追い込まれてしまいます。

他には「生活が苦しい」と口にしづらく、一人でこの問題を抱え込んでいる方も多いのではないかと思います。

結果、貧困に陥りやすく、母子ともに経済格差や教育格差の拡大などの社会課題にも繋がっているのが現状です。

未払いで訴訟するにしても弁護士費用も必要となりますが、逃げている相手の住所がわからないと書類等を送付できないため、元配偶者の住所を調べ特定することが最優先となります。

今回は、離婚した相手の現住所を探したい人の体験談や別れた元配偶者の住所を調べる3つの方法をご紹介いたします。

人探し調査の体験談

養育費払わない元夫探し2

以下は、探偵喫茶でお受けした養育費を支払わない相手探し調査の体験談です。

【CASE1】

住所不定の元夫を探して欲しい

– 相談内容-

新潟県長岡市で二人の子を持つシングルマザーです。

離婚理由としては浮気と暴力がひどく、10年間耐え凌いでいましたが限界がきて、ようやく去年調停離婚が成立し離婚できました。

離婚して最初の半年間は、裁判所で取り決めをした慰謝料と養育費(月々10万円)の振込があったのですが、

ここ2ヶ月間振り込みがありません。

何度もスマホへ連絡しているのですが、ついに着信拒否されてしまいました。

LINEやショートメールも無視されているため、彼の職場へ恐る恐る電話したところ先月退職した模様です。

私も派遣で働いているのですが、小学生二人を抱えて育てていくのに慰謝料と養育費はどうしても欠かせません。

私の勘では、結婚した当時から女性がたくさんいたのでどこかの女の家に転がり込んでいるのだろうと予想しています。

とても難しいお願いかもしれませんが、住所を特定してもらえませんでしょうか。

最悪、女性宅でも構いません。

よろしくお願いします。

– 調査料金 –

調査期間:20日
調査費用:220,000円(税込)

– 調査結果 –

少ない手がかりで調査を難航しましたが、最終的には聞き込み調査にて潜伏している住所が判明しました。

籍こそ入れてませんが、内縁の妻と一緒に暮らしていたばかりか、中学生と小学生の子供も同居していることが判明しました。

依頼者からの感想

やはり、私の予想通り女のところにいたんですね。

しかも、子供が二人もいた女性といたなんて信じられません。

一度は愛した男性だったので多少情けをかけていたつもりですが、今回の件で一切の情がなくなりました。

それでも居場所がわかった以上、滞っていた分も含め、きちんと慰謝料と養育費を支払ってもらうつもりです。

現在、弁護士とも相談しておりますがこの際、分割ではなく一括で支払ってもらう予定で進めております。

今回難しい調査の中、元夫の居場所を特定してもらえた上に弁護士まで紹介していただき、ありがとうございました。

【CASE2】

根無草の元夫を探し出して欲しい

– 相談内容 –

新潟県新発田市で3歳の女の子を持つシングルマザーです。

元夫は顔もスタイルもよく正直女性からモテまくりなため、常に女性の影がありました。

そして、その顔やルックスを武器に女性専用風俗で働いております。

そんな仕事をしている男に騙されて当然だと思われるでしょうが、そもそも元夫との出会いが女性専用風俗だったのです。

今振り返ると交際してすぐにできちゃった婚してしまったのがある意味、間違いの始まりでした。

子供をもったら女癖も治り父親としての自覚を持つと思っていたのですが落ち着くどころか、女癖が加速したため離婚となりました。

きちんと弁護士を挟んだり公正証書を交わしたりすればよかったのですが、浮気癖のある夫と早く離婚したかったため、協議離婚とし互いに簡単な書面で養育費の取り決めをしました。

それでもきちんと毎月1年間ぐらいは振込があったのですが、それ以降ピタッと止まってしまいました。

スマホは解約されていて住所もわかりません

元夫の地元は茨城ですが、新潟に来て20年以上経つのでおそらく新潟にいるはずです。

子供は、まだ3歳と小さいので養育費が絶対必要です。

情報としては、氏名、生年月日、写真しかわかりません。

今、どこにいるか探して欲しいです。

– 調査料金 –

調査期間:30日
調査費用:330,000円(税込)

– 調査結果 –

膨大な調査をした結果、対象者(元夫)は、新発田ではなく新潟市中央区のビジネスホテルに潜伏しておりました。

ただ特定の住所がない以上、また移動されてしまったら振り出しに戻ってしまいます。

結果、対象者が間違いなくホテルにいるのが判明している段階で急遽、依頼者に来てもらい対応してもらいました。

このように根無草といった特定の住所を持たない人を追う際は、特に気をつけないといけません。

養育費未払いで逃げまくっている人への対応

養育費払わない元夫探し3

未払いの養育費を回収する方法として挙げられるのは、裁判所の強制執行による財産の差し押さえです。

2020年の民法改正に伴い、元夫の財産については裁判所命令で正確に知ることが出来るようになったため、未払いの養育費を回収できる可能性が広がりました。

しかし、問題の元夫の住所に関しては、改正後も自分自身で調べるしか無いのが実情です。

住民票から現住所を取得する方法①

離婚前の住民票(住民票の除票)を取得しましょう。

離婚前の住所を取得すれば、相手の住民票上の住所がわかる可能性があります。

基本的に別れた元夫や元妻の住民票を取得するには、同一世帯でなくてはなりません。

ただ、同一世帯でなくても正当な理由があると認められた場合に限り、閲覧をすることが可能になります。

近年、DV被害や生活費未払いによるトラブルの増加により、役所は情報開示に大変慎重になっているため、簡単に動いてくれません。

正当な理由として役所に認めてもらうためには、養育費の取り決めに関する書類や養育費の振り込み口座(通帳)などをあわせて提出する必要があるので注意しましょう。

戸籍の附票で現住所を確認する方法②

役場において住民票ではなく、戸籍の附票で相手の現住所を確認することができます。

戸籍の附票とは

附票とは戸籍が作られてから除籍されるまでの住所が記載されているため、探している相手の住所が判明する可能性があります。

ただ注意しなくてはならないのが、自分の戸籍から離婚の事実を消したい、新しいパートナーと再婚するなどの理由から、離婚後に本籍を変えることがあります。

本籍を変えられてしまった場合、元妻は「元夫の戸籍の附票に記載されている人」という立場で元夫の戸籍の附票を取得することができません。

住民票や戸籍の附票から離婚した相手の現住所が調べられないケース

住民票に閲覧制限をかけられている。

除籍後に本籍地を変更している。

離婚届を出す前に住民票を移していた。

子供の戸籍が元夫の戸籍に入っている場合

子供の戸籍が元夫の戸籍に入っている場合は、元夫が転籍したとしても子供の戸籍の附票は元夫の戸籍の附票に引き継がれます。

子供は、「元夫の附票に記録されている人」にあたり、元夫の戸籍の附票を取得できます。

探偵に依頼する方法③

養育費払わない元夫探し4

上記の方法で住所の特定がNGであれば、SNSで探すほかありません。

ただそれでも見つからない、わからないといった場合、頼りになるのが探偵です。

探偵は、探したい方を知っている知人や友人、家族や同級生に至るまで隈なく調査を行い情報収集し住所を特定します。

ある場所に住んでいたのが判明した場合、何十時間も張り込み等を自分自身でするのは、仕事や生活にも支障がでるため、正直現実的ではありません。

探偵の資格を持たない人が待ち伏せ、張り込みをするのは違法であり、時として警察を呼ばれてしまうという恐れがあるため控えましょう。

人探し 掲示板

人探しに役立つアプリ7選

以下は、人探しに利用できるアプリ7選です。運が良ければ、探したい相手を見つけることができるかもしれません。

また、アプリによって登録しているユーザーの年齢層も変わります。検索方法や使用方法がわからない方は、お問い合わせください。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • WhatsApp
  • mixi
  • Google Image Search

人探し探偵どうやって探す?

ご提供いただいた情報を基に、あらゆる調査を組み合わせて、養育費を支払わない相手の居場所または勤務先を特定します。

また、探偵には独自のルートや情報網があり、探偵でなければ取得できない情報があります!

  • 尾行や張り込みなどの行動調査
  • 関係各所への聞き込み調査
  • オンライン調査
  • 潜入調査

見つけた後の調査やサポート

人探し調査は、養育費を支払わない相手を探して終わりではありません!
養育費を支払わない相手を見つけた後の調査やサポートが、問題解決への重要なポイントです。

養育費を支払わない相手を探す目的や最終的な着地点に応じて、見つけた後の調査やサポート内容が変わります。

まずは現在に至るまでの経緯や状況をお聞かせください。

以下は、養育費を支払わない相手が見つかった後に、探偵が行なえる調査やサポートの事例です。

暴力的または威圧的な男性や直接接触するのはどうしても嫌だという方には、弊社による仲介サポートも実施しております。

  • 身辺調査
  • 素行調査
  • 素性調査
  • 勤務先調査
  • 生活状態の確認
  • メッセンジャー
  • 出会わせサポート
  •  

  • 仲介サポートetc…

探偵の人探し調査料金は

人探し調査料金

人探し調査の基本料金は、132,000円(税込)から依頼が可能です。

人探し調査は情報量が調査結果に影響を与えます。養育費を支払わない相手の「身元・人脈・行動パターン・オンライン活動」に関する情報を集めてください。

費用を最小限に抑えるためには、ご依頼者の協力と情報提供が不可欠です。まずは記憶を辿り、必要な情報を整理しましょう。

また、見つけた後の調査やサポート内容に応じて費用が変わります。

養育費を支払わない相手探しの無料相談窓口

養育費払わない元夫探し5

相手の住所が判明したら直接交渉ができればいいですが、互いに避けたいのであれば養育費請求調停の申立てをして進めましょう。

いずれにしても相手の住所を知ることが大前提となるため、色々な方法でお試しください。

新潟における先駆的な探偵喫茶!「探偵喫茶北信越ファミリー調査事務所」は、一般のカフェとは異なり探偵サービスを提供する斬新なカフェです。

新潟県のみならず、富山県・石川県・福井県・長野県を合わせた5つの地域に特化して行ない、地域のエキスパートを目指します。

地域に密着しているため、緊急時の迅速な対応や地域特有の課題への対処が可能です。

カフェ単体の利用は予約不要ですが、探偵サービスを希望する場合は事前に電話またはウェブサイトで事前の予約をお勧めします。予約は電話またはウェブサイトから可能です。

養育費を支払わない相手に関するご相談は、お問い合わせフォーム、電話、メール、LINEから24時間365日(土日祝日問わず)お受けしています。

お問い合わせ

ご相談は、プライバシー 秘密事項厳守で承ります。